髪が傷む原因から対処法|使うほど美髪になる〇〇とは?

髪が傷む原因から対処法|使うほど美髪になる〇〇とは?
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin



人の第一印象で大きな割合を占めているのが‘髪’ではないでしょうか

キレイな髪と傷んだ髪では見た目の印象が全く違います

傷んでいる髪より健康的なキレイな髪の方がいい
これは誰もが思う感情ですよね

そこで髪が傷む原因から対処法までをまとめてみます

髪はどうして傷んでしまうの?


私たちが普段生活している中に髪が傷む原因はいくつもあります

どんなものがあるのでしょう




紫外線によるダメージ


紫外線というと日焼け
顔や体の日焼け対策をしている方は多いと思いますが
髪はどうでしょう?
実は体の一番上にある頭皮や髪は、顔や体の5倍もの紫外線をあびているのです

髪が紫外線をあびるとキューティクルが剥がれてやすくなります
髪の一番外側を覆っているのがキューティクルです
キューティクルが剥がれてしまったり、めくれてしまうということは
髪の中のタンパク質や保湿成分が流れ出てしまうということです

これにより起こるのが髪が乾燥する、パサつくという現象です


シャンプーによるダメージ


シャンプーも成分によっては髪の傷む原因になります
特に市販のシャンプーは硫酸系の刺激が強く洗浄力が強いものが
多いので注意が必要です
成分表示に「ラウレス硫酸Na」「ラウリル硫酸Na」と記載されているものは
気をつけましょう

シャンプーで髪が濡れている状態の時はキューティクルが開いている
状態です
キューティクルが開いている状態ということは絡まりやすく
ダメージも受けやすい状態なので要注意です

自然乾燥のダメージ


ドライヤーで乾かすと熱で傷むから自然乾燥が一番と思っている方も
多いと思いますが、これは間違いです

先ほども言いましたが、濡れている髪はキューティクルが開いている状態
なのでとても傷みやすい状態です
この傷みやすい状態で長い時間いるのはよくありません
自然乾燥のまま寝てしまった・・
なんてことがあると髪はとてもダメージを受けてしまいます
寝ている間は濡れてなくても摩擦でのダメージを受けます
濡れていてはなおさらです
それと当然ながら雑菌も増えやすい状態になってしまいます
雑菌が増えるとニオイの原因のもなります



髪を傷みから守る対処法は


・紫外線によるダメージ
  外出時に帽子をかぶることや
  UVケア商品で日焼け防止をする
  顔や体のUVケアだけでなく髪のUVケア商品も多くありますので
  活用しましょう

・シャンプーによるダメージ
  シャンプーの時は濡れている状態ダメージを受けやすいので優しく扱う
  シャンプーが髪に残っているのもよくありません
  しっかり洗い流すようにしましょう
  
  シャンプーの種類にも気をつけましょう
  刺激の強いシャンプーは髪を傷めます
  


・自然乾燥によるダメージ
  シャンプー後のブラッシングはできるだけさける
  タオルでふく時もゴシゴシは禁物
  美容室でやってもらうように優しくトントン叩くように水分をとる

  濡れている状態は一番よくありません
  ドライヤーをかけて乾かしましょう
  ドライヤーをかける時も根元から毛先に向けて乾かすようにしましょう
  キューティクルは根元から毛先に向かって閉じるので、その流れにそって
  乾かしてあげましょう
  同じ場所にあて続けないように注意しましょう


まとめ


髪がダメージを受ける原因を理解して、髪にいいものを使ってあげることが
傷みをやわらげダメージから守ってあげる秘訣ですね
髪を乾かすドライヤーも気をつけないとダメージを悪化させてしまいます
熱が強すぎる物や、威力が弱すぎて髪を乾かすのに時間がかかる物だと
せっかく乾かしてもダメージを受けてしまいます
ドライヤーも髪にいいものを選びましょう

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
1
  • ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ